起業するにあたって


起業するにあたって

バブルの頃は景気がよく起業する人がとても多い時代でした。 しかし、バブルは崩壊し不景気と呼ばれるこの時代に起業する人はその頃に比べてとても少なくなりました。 起業をすると、失敗する可能性が高く経済的に不安定になる確率が高いからです。 公務員などの安定した職業に就きたいと考える人がとても多いです。 一般企業の倒産が多く、また規模を縮小する企業も多いため、リストラや倒産で職を失うことはもはや他人事ではなくなりました。
大手企業に就職できたとしても一生リストラや倒産の不安はつきものです。 という事は、企業をしても会社員をしても不安はついてくるのです。 なら、自分で会社を立ち上げようと考える人もいます。 起業には、良い事もあれば悪いこともあります。
以前は、株式会社、有限会社を創るのに1000万円、300万円という資本金がないと起業は出来ませんでしたが、今は1円以上であれば企業が出来るようになりました。そのため、FXやアフィリエイトなどで、一人株式会社をつくる人も増えてきています。 とはいえ、よく考えれば1円で企業を始められるわけはないですよね。 最低限の事務用品は必要ですし、どのような事業であってもそれを始める資金が必要となります。 起業をしたいけど、どうすれば出来るのかわからない人がほとんどだと思います。 ここで起業をする際の参考になれば幸いです。



ページTOPへ